category : お呼ばれマナー

結婚式にお呼ばれされた時【挨拶】マナーはココを抑える!

2

結婚式に参加する時。新郎新婦はもちろん、親族の方や、同じように参加されてるゲストの方々など様々な人と合う事となります。そんな場に相応しく、恥ずかしくならないような挨拶関連のマナーについてまとめました。

photo by A La Moda Events

 

 

受付での挨拶

結婚式当日。式場・ホテル・ゲストハウス等に到着し、一番初めに受付でご祝儀を渡して、芳名帳への記帳を行う事になります。

受付に到着したら、「本日はおめでとうございます。」や「本日はお招きありがとうございます。」等の挨拶を受付の方に行うのがマナー。

新郎新婦の友人が行ってる場合も多いので、ちょっと違和感を感じるかもしれませんが、受付をする方は、祝儀を受け取り記帳を管理するという重役を任された人であり、その時間帯は新郎新婦の代理役的な存在です。堅苦しい挨拶をする中でなくても「今日はおめでとうございます!」と挨拶する方がスマートですね。

ちなみに、受付の段階で新郎新婦のご両親や、新郎自身が待っている場合もあります。当然、この時はお祝いの言葉を伝えて、呼んでもらった感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

待合室で

式場に併設してるチャペルで結婚式をあげる場合には、近くのロビーや待合室でいったん待機する事になります。時には、懐かしい友人との再開もあり…ちょっとした同窓会のような雰囲気となるかもしれませんね。

懐かしい気分で気持ちが高まって、思わず大声で会話しそうになりがちですが、あくまでも新郎新婦の「お祝いの会」という事を忘れず、はしゃぎすぎるのは厳禁です。

昔話に花を咲かせるあまり、新郎新婦があまり知られたくないような事まで口走ってしまうかも…近くには親族の方や会社の上司の方がいるかもしれませんよ。(思い切りはしゃぐのは、2次会3次会からでも遅くありっません。)

 

スポンサードリンク

 

披露宴会場で

結婚式も終わり、披露宴会場に入ったら席次表を見ながら自分の席を探します。披露宴会場での使えるテーブルマナーについては別の記事を参考にして下さい。

お呼ばれ結婚式・これだけでOK!基本のテーブルマナー5つ

披露宴会場での席は、新郎新婦が「◯◯さんと◯◯さんは一緒の席にして…」等と、かなり頭を悩ませて決めるものですが、テーブルや参加されるゲストの人数の都合上、知らない方と同席する場合も普通にあり得ます。(事前に、新郎新婦がどんな人が一緒か教えてくれたりもしますね。)

席に座る時は、「失礼します。」や「今日はよろしくお願いします。」等のように、一言添えるようにして無言で座る事のないようにしましょう。

なかなか勇気が必要かもしれませんが、挨拶が終わった後は「自分が新郎新婦とどんな関係があるのか」や、逆に相手がどんな関係があるのか?等を聞き、披露宴が始まる前に紹介しあっておくと和やかに食事を楽しむ事ができますし、大人の社交場としても相応しい雰囲気です。

歓談中には、新郎新婦自身やご両親が直接テーブルに訪れてくれる場合もありますね。この時は、座ったまま挨拶をするのではなく、一度席を立ち軽く会釈してお祝いの言葉を伝えます。握手と共にお祝いのメッセージを伝えてあげると、より気持ちが伝わるはずです。

 

披露宴が終わった後

実際の披露宴の進行内容によって変わってきますが、ほとんどの場合 、新郎新婦やご両親の挨拶で締めた後でそのまま退場し、披露宴出口付近で新郎新婦と両親がお見送りされる事が多いです。

会場から出る時に「お見送り」の近くまで来たら、呼んでもらった感謝の気持ちと、お祝いの言葉を再度伝えるようにします。筆者の経験上、「今日はとても楽しかったよ!」というメッセージを貰える事が一番うれしかったように記憶しています。(結婚式まで、苦労して準備してきた甲斐があったなー と感じましたね。)

後に続くゲストの方を待たせすぎないように、しっかり気持ちは伝えつつもあまり長くなりすぎないように挨拶する事もポイントです。

 

スポンサードリンク

 

【関連記事】「お呼ばれ」前日に準備するもの・憶えておきたいこと

1

photo byJohn Hope

結婚式に参加する前日に、事前に準備しておきたいものや、知っておきたい事についてまとめています。

 




安いのに高品質なドレス

1

お呼ばれ用ワンピースや、ドレス選びは「GIRL」がおすすめ。

  • パーティードレス通販1位
  • 「細見せ」基準のシルエット
  • お呼ばれアイテムが豊富
  • 自社工場製だから安い
1

他のドレスブランドとの違いは「全ドレスが細見せシルエット」という事。

体型をカバーしてくれる工夫が多く、着たいドレスを着る事ができます。

詳しく見てみる


同カテゴリお呼ばれマナー内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ