category : 結婚式2次会

結婚式2次会で司会/幹事代行を頼むメリットとデメリット

1

結婚式2次会の代行サービスについて。代行で幹事や司会を頼む時のメリットやデメリットについてまとめました。

photo by Alan Levine

 

 

2次会の代行とは?

結婚式の2次会代行サービスは、通常は友人や知人に頼む2次会の幹事や司会進行を代行でやってくれる業者さんです。

2次会で幹事がやらなければならないのは、次のような事があります。

  • 会場選び
  • ゲストのリスト作成・テーブル割
  • 進行表の作成
  • ゲストへの招待状や案内メールの発送
  • ビンゴ等のゲームイベントを考える
  • ビデオレター等、サプライズ系イベントの準備
  • ビンゴやゲームで使う景品を揃える
  • 司会・受付け・進行中の補助
  • 会場との当日までのやり取り

新郎新婦がやる部分もありますが、ざっくりと見繕ってもこれだけの作業量が待っています。これらの、様々な業務を一括で引き受けてくれるのが2次会代行業者です。

 

スポンサードリンク

 

2次会代行のメリット・デメリット

2次会代行を頼むメリット・デメリットをまとめました。

2次会代行のメリット

  • ゲスト全員が参加者なので、友人知人に一切負担をかけない。
  • 2次会のプロなので、しっかりした業者に頼めば安心して任せる事ができる。
  • 自分達だけでは思いつかなかった事も提案してくれる。
  • 会場リストも持っているので、会場選びから任せる事も可能。
  • 司会上手な人に当たると盛り上げ方がすごい。会場の空気を一気に巻き込む、プロの芸人並の人もいる。

 

2次会代行のデメリット

  • 別途費用が必要。5万円〜10万円が相場。
  • 無料0円のところもあるが、2次会代行のしっかりとしたサービスを受けたいなら、しっかりお金をかけるべき。
  • 司会上手なものの、友人知人ならではの「イジり」や、学生自体のエピソード等の身内でしか知らないようなアットホームなトークは出来ない。(ほとんど友人参加なら、あまり頼まなくても良いかも。)
  • 業者によって当たり外れがある。ホームページがしっかりしている。料金体系が明確。口コミ情報がある等が優良業者を見極める材料になる。

 

無料系よりもお金をかけて頼む方が理想ですが、お金をかける場合でも2次会の会費でうまくまかなう事で相殺する事もできます。これは、友人・知人に頼んでも同じ事なので、会費で7000〜8000円取れて、30〜50名程度集まるのなら、十分に選択肢に入れる事が可能です。

 

2次会代行はいつ頼む?

2次会代行を頼むタイミングは、結婚式の2ヶ月前程度が理想。

結婚式とは違って、決める内容なそこまで細かくはなく、1ヶ月程度でも間に合わせる事はできますが、結婚式の準備と重なりバタバタする事や、あまり直近になってしまうと選べる会場が少なくなってくるため、早めに行動しておく方がラクです。

 

スポンサードリンク

 




安いのに高品質なドレス

1

お呼ばれ用ワンピースや、ドレス選びは「GIRL」がおすすめ。

  • パーティードレス通販1位
  • 「細見せ」基準のシルエット
  • お呼ばれアイテムが豊富
  • 自社工場製だから安い
1

他のドレスブランドとの違いは「全ドレスが細見せシルエット」という事。

体型をカバーしてくれる工夫が多く、着たいドレスを着る事ができます。

詳しく見てみる


同カテゴリ結婚式2次会内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ