category : お呼ばれマナー

お呼ばれ結婚式・いまさら聞けない着物のマナー超基本!

お正月___Flickr_-_Photo_Sharing_

洋装以上に難しく感じてしまう和装。最近は和風なゲストハウスや、日本古来の重要文化財の中で結婚式をあげる場合もあり、その場にあった服として和装を選ぶ必要がある場合もあるかもしれません。そんな和装を選ぶ場合には、どんなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

photo by merec0

 

和装は「格」でチョイスする

洋装では男性の装いを基準とするドレスコードがありますね。〈お呼ばれ結婚式に行く前に知っておきたい基本のドレスマナー〉。

洋装で「格」に応じて基本の装いが決まるように(ほとんど略礼装ですが。)和装の場合でも「格」を基準にしてどんなタイプの着物にするか?を決めていきます。着物のレンタル店等にいけば、TPOに合わせてチョイスはしてもらえますが、基本的な知識として、どんな「格」の時にどんな着物を着るのか?は知っておきましょう。

 

着物の「格」の種類

着物の「格」の種類について、いくつかの表現の違いはありますが、基本的には次のようになっています。

  • 礼装着
  • 略礼装着
  • 外出着
  • 普段着

「格」は上のものほど高くなっています。外出着や普段着は…いわゆる小紋や浴衣等のような本当に普段着な装いなので、お呼ばれシーンで実際に着るのは礼装着か略礼装着のいずれかという事となります。

 

スポンサードリンク

 

振り袖の基本

成人式等で、一度は着た事のある人も多い振り袖。振り袖には大きく分けて3種類のタイプがあり、袖の長さで分かれています。袖の長さが長くなるほど格が上です。(ちなみに成人式の振り袖は中振り袖が一般的。)

  • 大振り袖:長さ約120cm
  • 中振り袖:長さ約100cm
  • 小振袖:長さ約60〜80cm

振り袖の中でも本振り袖と呼ばれるタイプのものは最も「格」が高く礼装着となります。本振り袖は、袖の中に綿を入れて厚みや重さを持たせて豪華絢爛な作りになってるのが特徴。このタイプは花嫁さんが着るタイプの振り袖なので、本振り袖で出席してはダメです。(そんな人はいませんが…)

その他、振り袖は略礼装着となり、未婚の女性の基本的な和装でのお呼ばれ服となります。

 

留め袖の基本

既婚者の礼装着は、5つ紋付きの黒留袖が基本です。色留め袖の場合は未婚・既婚にかぎらず着る事のできる略礼装着ですが、一般的には親族の方が着る和装となる場合が多い様子。お呼ばれ時には、あえてチョイスする必要はなさそう。将来、我が子の結婚式の時に着るかも…程度に覚えておきましょう。

 

訪問着

訪問着も色留め袖と同じく略礼装着にあたりますが、「格」は留め袖に次ぐ位置となる様子。結婚式のお呼ばれはもちろん、その他のパーティー等、ほとんどの行事で着ることのできる万能タイプの着物。格調の高い会場の場合には、訪問着でも一つ紋付きのタイプを選ぶと間違いありません。

マダムな印象のある訪問着ですが、マナー上では既婚未婚にかぎらず着る事ができます。帯の「代わり太鼓」と呼ばれる結び方によって、お祝いを表現しつつアレンジを加える事ができれば…かなり通な印象に。

 

スポンサードリンク

 

 




安いのに高品質なドレス

1

お呼ばれ用ワンピースや、ドレス選びは「GIRL」がおすすめ。

  • パーティードレス通販1位
  • 「細見せ」基準のシルエット
  • お呼ばれアイテムが豊富
  • 自社工場製だから安い
1

他のドレスブランドとの違いは「全ドレスが細見せシルエット」という事。

体型をカバーしてくれる工夫が多く、着たいドレスを着る事ができます。

詳しく見てみる


同カテゴリお呼ばれマナー内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ