category : ドレス/ワンピース

お呼ばれ結婚式のワンピースで「かぶらない」5つのポイント

Red_Dress___Flickr_-_Photo_Sharing_

結婚式にお呼ばれした時に、新婦さんをたてるように…白系を避けるのは当然として…できれば他のゲストとともかぶらないワンピースやパーティードレスで出席したいところ。では、「かぶらない」ドレスってどんなものがあるのでしょうか?

photo by Sheila Sund

 

1.個性的なものは注意

ネット通販等で良く見かけるのは「絶対に被らない!おすすめのドレス!!」というようなウリ文句で宣伝されてるものが多くありますね? これらのドレスは確かに被る事はないかもしれませんが、改めてよーく見てみると、なんだか水商売で着るようなドレスになってしまってたり、デザインが奇抜すぎるアイテムもチラホラみかけます。

出席者と被らないようにしたい気持ちも分かりますが、第一に優先すべきは「会の雰囲気に合っているか?」という事が何より大事。被りたくない一心で、ちょっと場違いなドレスやワンピをチョイスしてしまわないように注意しておきたい所ですね。

 

2.カラーはある程度かぶる

結婚式で着ていくワンピやドレスで「色を他人と被らないようにする」というのは、ほぼほぼ不可能かもしれません。 多くの場合、パステルカラーやベージュ系、ピンク系、ここ最近では不祝儀とされていた黒系ドレスも カジュアル思考になっているためさほど気にせす切られる場合が多いです。

パステルカラー系やベージュカラーは定番アイテム。近年人気のカラーはネイビー系だそうです。いずれにせよ、奇抜なカラーは不可なため、「ふんわり系」か「シックな大人系」のいずれかで被る可能性が高いと言えるでしょう。

カラーは気にしすぎずに、会場の雰囲気(ホテル?ゲストハウス?)に合わせる事をベースに、自分の好みの色で良いはずです。

 

スポンサードリンク

 

3.ミニマルな大人可愛いはかぶりにくい?

いわゆる略礼装(平服)をベースとする日本の結婚式や披露宴では、日本人に雰囲気に合っているのか ふんわりとした柔らかなシルエットや素材のワンピやドレスを良く見かけますね?  レース素材やシフォン系生地を多様したドレスでこの辺りは日本人に合うものの、着る人も多いため比較的被りやすいライン。

対して、ミニマルデザインのフェミニンな印象を持つシンプルワンピを着る人は、そこまで多くない様子。元がシンプルなだけにシルエットが綺麗で、小物使い等もしっかりしないといけないため、やや上級者向きのコーデと言えますが、その分 人と被りたくないのなら選択肢の一つとなりえます。

 

4.ワンピース本体よりもヘアアレンジと小物が大事?

少し見方を変えて、ワンピース自体よりも他の部分で「違い」を感じさせるのも良いかもしれません。ちょっとした小物使いや髪型次第で同じような服でも随分と違った印象をうけるものです。

また他の人から見た時も、同じような服が多いドレスやワンピよりも「髪型がなんだかかわいかった」とか「メイクの品が良かった」等 注目を集めやすい部分でもあります。「違い」を見せるための力のかけどころを変えてみるのも良いかもしれませんね。

 

5.ほとんど被らないブランドは?

これらを踏まえて…それでも、どうしても被らないドレスが着たい!というのであれば「お金」をかけれるのであれば選択肢は一気に広がります。

ハイブランド系のワンピースやドレスは、全てが「1点もの」を感じさせる独特の雰囲気を持っています。また、日本でもグレースコンチネンタルのような、デザイナー重視のブランドをチョイスすれば、まず他では見かける事のない独自性の強いアイテムを着る事ができるはずです。

これらのブランドは、安くても数万円がザラ。 …そこまで値段はかけれない。。。という場合は、ドレスレンタルで用意するのもおすすめ。

例えば、お呼ばれ用のドレスが豊富なCariruでは、グッチやグレースコンチネンタル等の高級ドレスが、1万円を切る値段帯で借りる事が可能です。

⇒ Cariruのレンタルドレス 詳しくはこちら

スポンサードリンク

 




安いのに高品質なドレス

1

お呼ばれ用ワンピースや、ドレス選びは「GIRL」がおすすめ。

  • パーティードレス通販1位
  • 「細見せ」基準のシルエット
  • お呼ばれアイテムが豊富
  • 自社工場製だから安い
1

他のドレスブランドとの違いは「全ドレスが細見せシルエット」という事。

体型をカバーしてくれる工夫が多く、着たいドレスを着る事ができます。

詳しく見てみる


同カテゴリドレス/ワンピース内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ