category : 婚活

結婚して専業主婦になりたい!婚活時のメリット・デメリット

1

婚活をしている時に、「専業主婦希望」を出している時のメリットやデメリットや、専業主婦希望に対する口コミをまとめました。

 

 

婚活時のメリット

仕事に没頭したい男性に好印象

医者や弁護士等、専門職でそこそこ収入もある男性の場合には、共働きで夫婦で働くより、家の事だけしっかりやってくれる女性を求めているかもしれません。

また、自営業等で働く時間を自分でコントロールできつつ、出来るだけ仕事にパワーを注ぎたい人もこのタイプに当てはまると言えます。

年収の高い男性がくるかも?

「仕事に集中したい男性」の場合、仕事への意欲が強かったり、仕事自体にやり甲斐を感じてるいる場合が多く、その事が影響して高収入になっているケースも多いと言えます。

また、そもそも年収があまりない男性の場合、専業主婦の人は求めていないため、声をかけられる事も少なくなるはずです。

子供の事をちゃんと見てくれそう

稀なケースとして、こう思ってくれる男性もいるかもしれません。

子供の事を第一に考えて「なるべくどちらかが関わる時間を増やしたい」と思っている男性なら、専業主婦希望の女性に魅力を感じるはず。

 

婚活時のデメリット

収入的にほとんどの男性が該当しない

よく希望する年収が高すぎて、高望みしてしまうケースが挙げられますが、専業主婦になると、よりこの度合いが強くなってしまいます。

例えば、SMBCコンシューマーファイナンスが実施した調査によると、結婚や子育てを考えれる年収は?という質問に対して、次のような回答が寄せられていました。

  • 結婚 年収400万円以上
  • 出産・子育て(一人) 年収500万円以上
  • 出産・子育て(二人) 年収600万円以上

出典:http://www.smbc-cf.com/

これは20代の意識調査でしたので、アラサー/アラフォー世代になれば、さらに希望する年収も増加し、600〜800万円程度を希望しているかもしれません。

これに対して、実際の年収はどれぐらいなのでしょうか?

転職情報サイトのDODAの2015年の調査によると、それぞれの世代の平均年収は次のようになっていました。

  • 20代男性:368万円
  • 30代男性:488万円
  • 40代男性:616万円
  • 50代男性:742万円

出典:http://doda.jp/guide/heikin/2015/age/

そして、数値はあくまでも平均値です。例えば、実際に600万円以上の年収がある男性を見てみると、20代では3%以下、30代で18%以下、40代になってはじめて40%以下となります。

どうしても専業主婦にこだわるなら、単純に男性の年齢層を上げるか、若い世代であれば、狭き門をなんとか突破していくしかありません。

 

仕事したくないから結婚したいとのイメージも

そもそも、「専業主婦希望」と書かれている事によって、このようなネガティブな印象を持ってしまう男性も多いようです。

本当にそうであれば、現実的に厳しい婚活となってしまいますが、「夫や家庭を支えるために、しっかりと専業主婦をしたい」という希望で出しているなら、その事をしっかりとアピールしていく必要があります。

 

スポンサードリンク

 

「専業主婦希望」への口コミ

 

 

スポンサードリンク

 




Facebookで新しい婚活!

1

「paris」はFacebookを使った新しい婚活サービス。

  • Facebookでログインできる
  • マッチング数2230万人
  • 女性は月額無料

Facebookをログインに使うので「ちゃんとしてる人」が多い事が特徴。

ログイン後はpairsの専用アプリを使うので、Facebookのタイムラインには何も流れません。

3

アプリ上で簡単にプロフィールをチェック。お互いに「いいね!」ボタンを押したらマッチング成立とシンプルな仕組みです。

2

マッチング後は、自由にメッセージ交換が可能に。ここまで、全ての機能が女性は無料で使えるところが魅力です。

詳しく見てみる 


同カテゴリ婚活内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ