category : 婚活

女性の婚活写真で「写真と違う!」とならない3つのコツ

1

婚活用のに撮る写真で、女性が失敗しないためのポイントをまとめました。

 

 

お金をかければ良いわけではない

婚活用の写真を専門のスタジオで撮影する人が多いようです。スタジオによって予算はかなりピンきりですが、平均的な撮影にかかる費用を見てみると1万円程度が相場になります。

スタジオで写真を撮るメリットは、プロのカメラマンや機材によって撮影できる事。メイクもしっかり行ってもらう事ができる事等があります。

スタジオで注意しなければならないのは、メイクや写真修正等も行う場合です。

スタジオでメイクをされた方の中には「水商売の人みたいなってしまった」「明らかに厚塗りでされた」等の意見も。また写真修正が過剰になってしまい、実際に会った人から「写真と違いすぎる!」と苦情が来てしまう場合もあるようです。

予算をかけてオプションをあれこれつける事を求めてくるスタジオよりも、決まった予算でしっかり「自然な写真を撮ってくれたり」や「より自分の良さを引き出してくれる」スタジオを選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

服装の印象も大きく変わる

女性の場合は、撮影する時に切る服装にも注意が必要。最もNGとされるのは、あまりにもビシッとキメすぎたスーツ系の服装です。

男性の場合は「真面目さ」や「誠実さ」の印象のプラスとなりますが、女性の場合だと少し堅苦しい印象になってしまうかも。

婚活用に女性が写真を撮る時には、ワンピース等の女性らしい服装がおすすめ。一般的にパステルカラーの明るい色調の服装が良いとされますが、スタジオによってはバックと馴染みすぎる場合があるので、適度に色味のあるカラーを選ぶようにします。

また、あまり季節感のある服装にしてしまうと、今後の婚活で使える時期が限られてしまったり、いつ撮影したのが分かってしまうので避けるようにしましょう。

 

自撮りのスナップが良い場合も

基本的にスタジオでは「自然な笑顔」が出せるように、色々と声をかえて撮影してくれるものですが、中にはそんな「声かけ」が苦手な人や、写真だと笑顔が引きつってしまうようなタイプの人もいるはず。

この手のタイプの人は、よどほカメラマンがすごくない限り、微妙な写真ばかり撮影されてしまう可能性が高いです。

ですので、ここはあえてスタジオを利用せずに、友達や家族等にお願いして写真を撮ってもらうのも手です。

自分達で撮影する時には、屋内よりも屋外で撮影するのがおすすめ。屋内の場合、本格的な機材がなければ綺麗な写真を撮る事は難しく、暗い印象の写真になってしまいます。一方、屋外で撮影すれば「自然の光」があるだけで、かなり綺麗に撮影する事が可能です。

また、屋内で形式ばって撮影するよりも、屋外であれこれ喋りながら大量に写真を撮る方が、良い1枚が選びやすくもなります。

男性の中には、いかにも「婚活用の写真」というものより、普通に撮ったスナップ写真を好む人も意外に多いもの。あえてスタジオにこだわらずに、自撮りのスナップを活用する方が良い場合もあります。

 

スポンサードリンク

 




Facebookで新しい婚活!

1

「paris」はFacebookを使った新しい婚活サービス。

  • Facebookでログインできる
  • マッチング数2230万人
  • 女性は月額無料

Facebookをログインに使うので「ちゃんとしてる人」が多い事が特徴。

ログイン後はpairsの専用アプリを使うので、Facebookのタイムラインには何も流れません。

3

アプリ上で簡単にプロフィールをチェック。お互いに「いいね!」ボタンを押したらマッチング成立とシンプルな仕組みです。

2

マッチング後は、自由にメッセージ交換が可能に。ここまで、全ての機能が女性は無料で使えるところが魅力です。

詳しく見てみる 


同カテゴリ婚活内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ