category : ヘアメイク

お呼ばれ結婚式で着物を着る時の【メイク】の4つのコツ

Kimono_Women___Flickr_-_Photo_Sharing_

お呼ばれ時に和装をする時。振袖などの着物にばっちり合うメイクをするには洋装とは違ったコツが必要です。そんな着物メイクで、自分でやる場合にも比較的簡単に意識できる事をまとめてみました。

photo by mrhayata

 

お呼ばれ時の、着物メイクをする時に、どのパーツの場合でも重要になってくるのが「着物の華やかさに負けないこと」と「適度な華やかさ」です。華やかだけど、目立ちすぎない、というなんとも微妙なラインを狙う必要があって難しく感じてしまいがち。

ですが、ひとつひとつのパーツのコツさえ掴めば、自分で着物メイクをする事も十分可能です。

 

眉毛は「やんわり」。

着物の優しい雰囲気を活かすために、眉毛はやんわりとした山型に描くのがポイント。日本人らしい和装の雰囲気によく合う雰囲気となります。逆に、ハリウッド女優のようにあまりばっちり描いてしまうと、着物の雰囲気にあいません。

 

目もとはシンプル&力強くが目標

メイクで重要なポイントとなる目もとのメイク。 パーティードレスやワンピース等の洋装であれば、煌き感のあるラメ素材を使ってドレッシーに仕上げていきますが、和装の場合はラメ素材や激しい色使いはNG。

リキッド系のアイライナー等、目もとがくっきり出るタイプのコスメで しっかりラインをとってやや強めの目もとに仕上げる事がコツです。

あまり色々な色使いをするよりも、ブラック単色で仕上げるイメージ。 ちなみにカラーを使いたい場合は、アイシャドウと着物のメインカラーの色を合わせても良いです。

 

スポンサードリンク

 

ワントーン明るめ仕上げ。

京都の舞妓さんを代表するように、着物には白っぽいメイクが良く合います。 但し、元々ちょっと地黒な人だったり、無理に色白なメイクにしようとすると、ちょっと浮いてしまって違和感を感じます。

そんな時は、ベースメイクのカラーではなくてトーン(明るさ)で調整するようにしましょう。普段使ってるベースメイクよりも、ワントーンからツートン明るめに仕上げる事で、着物に合うだけでなく、結婚式の華やかな雰囲気にもぴったりです。

口紅に関しても、普段よりちょっと明るめカラーをチョイスするようにします。

 

着物の雰囲気と合わせる。

ベースメイク・目もと・口元 の基本は抑えつつも、着物メイクを成功させる一番のポイントは「着物の雰囲気にメイクをあわせる」という事です。

髪飾りやかんざし等は、着物のニュアンスと合わせる場合がほとんど。それと同じように、メイクのニュアンスも合わせると全体としても綺麗ですね。

赤色やピンク系の着物には、ピンク系の柔らかなチークやたっぷりグロスも使ってガーリーメイク風に。ダークトーンな着物には、強めの口紅に切れ長な目もとで大人っぽいメイクに。モダンな着物には、やや強めのチークでレトロな雰囲気を出すのが合います。

実際に自分が着る着物を着てみて(汚さないように注意しつつ)、実際にメイクしてみると修正点が見つかりやすいはずです。

 

スポンサードリンク

 

 




安いのに高品質なドレス

1

お呼ばれ用ワンピースや、ドレス選びは「GIRL」がおすすめ。

  • パーティードレス通販1位
  • 「細見せ」基準のシルエット
  • お呼ばれアイテムが豊富
  • 自社工場製だから安い
1

他のドレスブランドとの違いは「全ドレスが細見せシルエット」という事。

体型をカバーしてくれる工夫が多く、着たいドレスを着る事ができます。

詳しく見てみる


同カテゴリヘアメイク内の人気記事



スポンサードリンク

サブコンテンツ