category : 結婚式スピーチ

気持ちが伝わる!結婚式の友人代表「新婦に向けたスピーチの例文」

大切な親友の結婚式でスピーチを頼まれたら、「どんな内容にしよう」と悩みますよね。

感動的で笑いもあって、流石!と思われるスピーチにしたいもの。そして、祝福の気持ちも伝えたい。

今回は、スピーチする時のポイントを踏まえ、例文を紹介します。参考にしてくださいね。



構成を作る時のポイントは3つ!

スピーチを作る時に、大切なポイントは3つあります。

  • 時間
  • 新郎新婦を立てる
  • みんなが分かる内容

まず時間は、ほとんどの人が経験していると思いますが、長すぎるスピーチは疲れますよね。

作る側も気をつけていても、あれこれのエピソードをいれてしまうと、いつの間にか長文に。

スピーチのベスト時間は3分以内。400文字づめ原稿用紙で2枚程度です。

白紙用紙に書くのではなく、原稿用紙で考えるのがオススメ!

続いて、新郎新婦を立てること。これも分かっている事ですが、途中で脱線してしまい自分中心な内容になりがち

主賓は新郎新婦ということを忘れず!出来上がった内容は一度、仲のいい友達や家族にチェックしてもらうのがベストです。

最後の「みんなが分かる内容」。エピソードを入れる時に、みんなが分かりやすいものを選びましょう

このエピソードを入れたいと思っても、説明が長くなるものは却下。長くなれば不快と感じるので、短時間で説明できて、分かりやすいエピソードを見つけてくださいね。

そして、緊張してしまうと早口になってしまうので、ゆっくり丁寧に読む事も大切です。

▶関連:お呼ばれ結婚式マナー・スピーチ以外でも要注意!忌み言葉

 

笑いあり!涙あり!みんなが絶賛するスピーチの例文

続いては、バランスが取れたスピーチを紹介します。

スピーチ内容だけじゃなく、話すスピード、長さなど全てにおいて参考になる例文ですよ。

基本のスピーチの流れは、次の通りです。

  1. 招待のお礼とお祝いの言葉
  2. 自己紹介
  3. 新婦とのエピソード
  4. 締めくくり

意外に簡単ですよね。問題は、エピソードをどう入れるか。

気になるエピソードは動画でチェック

この例文で良かったことは、ギャップを引き出せた事です。

「もともと一番先に花嫁になると思っていた新婦が大変な仕事に就いた」や「仕事をバリバリこなしている新婦が、新郎にベタ惚れ」など様々なエピソードを入れ込んでいます。

経過が分かりやすいので、初めて聞く人でも分かりやすいですよね。

そして、新婦の人柄をたてた内容なので、統一感も◎。スピーチの長さもよく、最後まで笑いがあるので、好感度が高いスピーチです。






同じカテゴリ「 結婚式スピーチ 」内のおすすめ記事





サブコンテンツ